• ホーム
  • クリニック紹介
  • 院長紹介
  • アクセス・診療時間
ホーム > 眼科診療案内

眼科診療案内

お子様からご高齢の方まで、幅広い世代の方々の目の健康維持と管理をさせて頂きます。
目の診察には患部が一目でわかるよう映像モニターを使用してご説明させていただいております。どんな些細なことでもためらわずにお気軽にご来院ください。

【診療内容】
□眼科一般検査(視力 眼圧 視野 眼底)
□小児眼科(こどもの視力など、学校健診後の視力、ワックによる治療)
□老人の健診(白内障 緑内障 加齢黄斑変性症 など)
□アレルギー性結膜炎 ドライアイ(涙点プラグ)
□動脈硬化性網膜症の診断
□網膜レーザー光凝固治療(網膜裂孔 糖尿病網膜症)
□霰粒腫、さかさまつ毛、まぶたの皮膚手術
□メガネ コンタクトレンズ処方


視野検査、眼底写真など、診察の際使用した全ての写真、検査データは電子カルテ内にファイリング保存されます。患者様一人一人の来院からの変化、様子が経時的にわかりご家族の方にも治療過程をご確認していただけます。
また、当院で行える治療は早急に対応しますが必要があれば専門の眼科施設へ紹介し、当院で引き継ぎ診療を行うなどの連携診療で迅速な対応を心がけています。

※眼科診療は現金のみでクレジットカードはご利用になれません。


【提携先病院】
帝京大学医学部附属溝口病院
法人社団 亮正会 総合高津中央病院
昭和大学藤が丘病院
昭和大学横浜市北部病院
昭和大学病院

眼底検査で動脈硬化の度合いまでわかります

眼科診療

眼底検査では、目の病気はもちろん、心筋梗塞や脳梗塞などの重大な疾病と関わりの深い動脈硬化の度合いも、ある程度知ることができます。

身体の中で唯一、身体の中の血管を覗けるのは目だけなのです。意外に思われるかもしれませんが、CTやMRIなどの大掛かりな検査や、あるいは血液検査でコレステロール値や中性脂肪値を見るという方法だけでなく、眼底検査でも血管年齢、血管の動脈硬化の度合いを診て、的確に指導を行なうことができるのです。当クリニックでは、アンチエイジングドクターという専門医の資格を生かし、単に眼科医という領域を越えた診断やふだんの生活へのアドバイスも行なっております。

眼精疲労

眼科診療

眼精疲労を訴える方はたくさんいらっしゃいますが、その原因はさまざまです。長時間のパソコン使用やスマートフォンの見過ぎによるものや、老眼の初期症状、眼鏡やコンタクトが合っていないために起こるもの、さらに、最近はドライアイが原因で眼精疲労を起こしているケースも増えています。

ものを見るときは、目の中の筋肉の伸縮によってピントを調整しています。近場をずっと見ている状態、たとえばパソコンの画面を凝視し続けているときは、目の筋肉がずっと力こぶを作っている、あるいはずっと腕立て伏せをしているような状態と同じなのです。眼精疲労とは、目のピントを合わせる筋肉が疲労している状態です。そのままの状態を続けていると、眼精疲労からやがて肩こりや頭痛などを引き起こすこともあります。
眼精疲労を防ぐには、一点のところに集中してピントを合わせないように時々休む方がいいでしょう。


また、最近はドライアイが眼精疲労を起こすケースも増えています。目が乾くという自覚症状がある方は少なく、「目が疲れる」「ピントが合わない」という症状の方を調べたらドライアイだったということはよくあることです。
ものごとに集中するとまばたきが減るので、目は乾きます。あるいはエアコンによって目が乾いたり、体質的に涙の量が少ない人もいます。それから人間は生理的に夕方から深夜にかけて涙の量が少なくなるため、夜に作業をする方は特に目の乾きを感じるかもしれません。
眼精疲労には、視力検査や涙の量を測定するシルマーテストという検査を行なったり、生活スタイルをお聞きしたり、合っている度の眼鏡なのかどうか、老眼がないかどうかなど、いろんな検査や問診をし、原因をつめていきます。

目元を温めて疲労回復とドライアイの予防を

目元を温めると血流が良くなり、筋肉がほぐれるため、眼精疲労のケアにおすすめです。
また、まつげの生え際の内側には脂肪を分泌させる小さい穴があいていますが、ドライアイの人は、この小さな穴に脂肪分が固まって涙が出にくくなっているのです。そこで、目元を温めると、バターが溶けるようにこの脂肪分が溶け、涙の潤い成分が出てくるようになります。ドライアイの予防にも、目元を温めることをおすすめします。
たとえばおしぼりをビニール袋に入れて電子レンジにかけてから目元に当てると、女性の方でもアイメイクが落ちるのを気にせず、目元を温めることができます。
逆に、目元を冷やすと気持がいいという方もいらっしゃいますが、一時的に冷やすのは問題ありません。ただ、正確に言うと、目のためには、冷やすより温めるほうが良いのです。冷やし過ぎは避けましょう。

市販の目薬に頼る前に

最近はドラッグストアでもドライアイコーナーができ、ドライアイ用の目薬も市販されていますが、市販の目薬は防腐剤が多く含まれています。できれば眼科で、防腐剤が少なく、ヒアルロン酸などの潤い成分がしっかり配合されたものを処方してもらうことをおすすめします。
疲れ目やかすみ目対策、あるいは気分転換や眠気覚ましのために、目がすっきりする成分が入った目薬を常用している方も少なくないと思いますが、市販の目薬の中に含まれる防腐剤が必要以上に目の中に入るのを防ぐために、1日3回、といった使用回数を守るようにしてください。
どうしてもたびたびさしたい場合は、個別包装された防腐剤フリーの目薬を、1回ごとに使って対処するのもよいでしょう。

なお、花粉症対策などのために、目を洗うキットも市販されていますが、おすすめできません。目の表面には、涙液層という目が濡れている層があります。この層には免疫機能があり、雑菌が入ったときにガードする働きがあるのです。目を洗うと涙液層の大切な成分も洗い流してしまうため、花粉やほこりをさらに付着させてしまいやすい状態になり、余計にアレルギー反応を起こしてしまうこともあります。また、まぶたやまつげごと目をカップで覆って洗浄するため、雑菌も全部目の中に入れてしまう危険性もあるのです。
昔はプールサイドには必ず目の洗浄のための蛇口がありましたが、今はそれも廃止されています。
それは、水道水にもプールの水と同様、目が本来持っているバリアを剥がし、かえって細菌やウイルスに感染しやすい状態を作り出してしまうからなのです。
プールに入る時はゴーグルの装着をおすすめ致します。

どうしても目を洗いたい場合は、涙と同じ成分で防腐剤が入っていない人工涙液を多めに点眼する方法をおすすめします。

45歳を過ぎたら年に一度は眼科の検査を

会社で定期的に健康診断があれば、眼科を受診することもあります。
そのような機会がなくても45歳を過ぎたら、視力検査、眼圧チェック、白内障や緑内障の検査、眼底検査を受けることをおすすめします。

白内障

人の目はよくカメラにたとえられますが、カメラのレンズに相当するのが水晶体です。この水晶体は透明な組織でタンパク質と水分から構成されています。正常で若い水晶体は透明で光をよく通します。しかし大体60歳頃から透明性が維持されなくなり、加齢とともに白く濁ってくることがあります。これが「白内障」です。加齢に伴うだけでなく様々な理由で白内障が引き起こされることもあります。(先天性、外傷性、ブドウ膜炎併発、アトピー性皮膚炎併発、糖尿病併発など)



症状は、かすむ、まぶしくなる、一時的に近くが見やすくなる、二重、三重に見えるなどの症状があります。
治療は日常に支障がなければ点眼薬により進行を遅らせることはできますが、目薬で直すことはできません。白内障が進行して日常生活に不自由を感じるようであれば手術を受けるようにしましょう。手術を受けるタイミングは不自由さに個人差があるようにその人によって違います。早く受ける必要はありませんがあまり放っておくと手術がやりにくくなってしまったり、水晶体が膨らんで眼圧が高くなるということもまれにあります。白内障と診断された場合は定期的に眼科を受診することをおすすめします。

当院ではご希望に合わせて点眼薬の処方、定期検査を実施いたします。手術のタイミングは相談しながら決めますが、手術に関しては近隣の病院で受けていただきます。どの施設での手術がいいかはその方によって違います。日帰り手術がご希望か、入院をご希望か。とにかく近くの病院がいいのか少し遠くて時間はかかっても有名な先生に受けたいと思われるのか。ご相談の上、その方に適したと思われる施設にご紹介差し上げますのでご安心ください。
また、手術後は当院にて術後経過が見れるよう連携をとりながら見させていただくことも可能ですので、お気軽にご相談ください。

緑内障

緑内障とは何らかの原因で視神経が障害され視野(見える範囲)が狭くなる病気で、眼圧がその病因の一つといわれています。
目の中には房水と呼ばれる液体が流れています。この液体は目の中を循環しながら栄養などを運んでいます。目の形状はこの房水の圧力によって保たれていてこれを眼圧といいます。眼圧の正常範囲は10~21mmHgで、一定に保たれています。また、血圧の高さとは関係がありません。

緑内障の種類
緑内障にはいくつかの種類があります。眼圧が高くなる原因によっておこる緑内障、またその中でも急激に進むタイプと何年もかけて慢性的に進行するタイプもあります。
近年行われた全国的な調査では緑内障の約6割の方が正常な眼圧なのに緑内障性の視野が狭くなる状態になるいわゆる正常眼圧緑内障であり、日本人には多いということがわかりました。

緑内障の症状
緑内障は自覚症状がほとんどなく、知らないうちに病気が進行しているということが多くあります。視神経の障害はゆっくりと起こり、視野も少しづつ狭くなっていくため、初期に目に異常を感じることはありません。
ただし急性の緑内障(急激に眼圧が上昇するタイプ)では目の痛みや激しい頭痛、吐き気などの激しい症状を起こします。このような場合は一刻も早く眼科を受診してください。

緑内障の検査
眼圧検査、視野検査、眼底検査を行います。

緑内障の治療
基本は目薬による薬物療法です。目薬の種類はここ10~15年くらいの間に多くの種類が出ました。そして手術をしなければいけなかった患者さんも1種類または2~3種類の目薬を併用しながら眼圧を十分さげてコントロールできるようになりました。目薬でも眼圧下降が不十分な場合はレーザー治療や手術を行います。

早期発見、早期治療
一度障害された視神経は元に戻す方法はなく、欠けてしまった視野ももとには戻せません。治療とは病気の進行を食い止めることが目標となります。従ってできるだけ早期に緑内障を発見し治療を開始することが大切です!

50歳を過ぎたら症状がなくても一度は眼底検査、視野検査を受けましょう。
当院ではモニターを使用しながら検査結果について詳しくご説明いたします。

加齢黄斑変性症

人間の目をカメラにたとえると、水晶体がレンズ、網膜がフィルムの役割を果たしています。網膜の中で最も重要な部分は物を見る中心となる黄斑です。黄斑に異常が発生すると視力の低下を引き起こします。
加齢黄斑変性は、黄斑の加齢に伴う変化によっておこる疾患で高齢者の失明原因の一つです。
高齢者に多く発生することから、黄斑特に網膜色素上皮細胞の加齢による老化現象が主な原因と考えられています。また、はっきりしたことはわかっていませんが、高血圧や心臓病、喫煙、栄養状態(ビタミン、カロチン、亜鉛などの不足)、遺伝などの関与も報告されています。

もともと欧米人に多く、日本人には少ないと言われていました。最近では日本でも発症数が増加しており、生活様式が欧米化したことも原因の一つといわれています。

変視症:ものがゆがんで見えます
中心暗転:見ているものの中心がかけて見えません
視力低下:見たいものがはっきり見えません

このような症状があるかたは早めに眼科を受診し、眼底検査を受けましょう。早期に発見、治療をすることによってその後の視力が良好に保たれる傾向にあります。
またIPS細胞を利用した網膜細胞の再生手術治療の臨床応用も取りだたされていますが、まだ研究段階のため、実際に治療方法が確立するにはまだ時間がかかると言えるでしょう。

現在、光線力学的療法やレーザー光凝固治療、ステロイドの局所注射療法などの治療法がありますが、病態によって効果がある場合とない場合もありますので、主治医によく相談しましょう。

アレルギー性結膜炎

花粉や住まいの中にあるホコリが原因になって起こる眼のアレルギーのことをいいます。花粉症で起こる眼のかゆみや充血も、このアレルギー性結膜炎ということになります。

花粉には季節性があります。
2~4月 スギ
3~5月 ヒノキ、シラカバ
4~11月 カモガヤ(イネ科)
8~10月 ブタクサ、ヨモギ

また、
住まいの中にあるホコリを専門的にはハウスダストと呼びますが、これはホコリの中に混じって生きているダニ、ダニの死骸や糞、人や動物の毛やフケ、カビなども含みます。
このハウスダストによるアレルギーは、1年中いつ起こってもおかしくありません。

目の充血、目のかゆみ、目がごろごろする、白目にゼリー状の目やにが出る、まぶたがはれる

などの症状がでます。
治療には抗アレルギー点眼薬を使いますが、効果が現れるまで約2週間ぐらいかかるため、症状が出ると思われる季節があらかじめ分かっている場合は、2週間前から使うことをお勧めします。かゆみや炎症がひどい場合はステロイド点眼薬も同時に用いられます、かゆみにはよく聞きますが副作用もありますので、眼科医の指示に従ってください。

アレルギーかも?と思われたら、20分で結果がわかるアレルギーの検査があります(イムノキャップ)。保険がきく検査なので、3割負担の方は3,090円、1割負担の方は1,030円で受けていただくことができます。(これは検査だけのご負担金ですので、その他に診察料や検査料が別途かかります)
鼻炎、結膜炎を引き起こす原因となる8種類の原因がその日にわかりますので、原因物質を知るということは対策をとる方法を考えられるということです。当院で検査を受けられますので、ご希望の方はご来院ください

ドライアイ

ドライアイは涙液の減少あるいは質的な変化により目の表面に傷などの障害を生じる病気のことです。
眼が乾くという症状以外にも目が疲れやすい、あるいは何となく目に不快感を感じるという症状もあります。特にテレビ、パソコン、携帯電話、などで目を酷使される方で、このような症状がある方はドライアイにかかっているかもしれません。

眼科では問診をしたうえで必要に応じてシルマーテストという涙液量を測定する検査をします。また、目の傷の具合や目の表面の乾き方の状態を確認してから治療についてご説明します。
治療薬は乾き具合に応じて強さ(濃さ)を変えたり、種類を変えたりします。また、日常生活で気を付けることなども指導いたします。
お薬の使用でも目の状態や乾き具合が改善されない場合は「涙点プラグ」という治療方法があります。
この「涙点プラグ」は涙の流出口にプラグ(栓)を差し込むことにより自分の涙を目の表面にためておくという治療方法です。通院で簡単に装着できます(約10分で処置できます)。
保険の適応による治療ですがひとつのプラグにつき3割負担の方は3,180円、1割負担の方は1,060円で受けていただくことができます。(これは検査だけのご負担金ですので、その他に診察料や検査料が別途かかります)

学校検診で視力低下

春になると小学校、中学校では検診で視力検査をします。そこでよく見えなかった場合は眼科に受診するよう勧告書をもらってきます。
眼科ではお子様の視力を確認したうえで、眼に病気がないかどうか医師の診察をします。また、近視や遠視、乱視がどの程度あるのか、眼鏡が必要なのかどうか、現在使用中の眼鏡はあっているのかなどを詳しく検査します。

眼鏡を早くからかけ始めるとどんどん近視が進んでしまう
眼鏡をかけたりはずしたりしているとよくない
なるべく眼鏡をかけさせたくない

など大人の間違った考えで、お子様が目を細めて黒板を見たり、授業中におとなりの友達のノートを見なければいけなかったり、黒板に書かれていることが理解できなかったりという具合に、学業での支障をきたす事がよくあります。
学校検診で視力低下を指摘された場合は、必ず眼科で検査・診察を受けるようにしましょう。
小中学校の校医での経験もありますので、お子様の視力、目のことはしっかりとサポートいたします。

また、学校検診では指摘されなくても、お子様の目や見え方について何か気づかれることがありましたら、眼科で検査を受けるようにしましょう。(偶然検査には合格しても実は見えてなったということもあります。)

また、当院にはワックという目の緊張をほぐして調節緊張をリラックスさせる器械があります。
小学校低学年のお子様で、調節緊張による軽度の近視傾向の場合はワックに通院していただくこともあります。詳しくは当院スタッフまでお尋ねください。

糖尿病網膜症

糖尿病網膜症は、糖尿病の慢性的な合併症と言われ、血糖の高い状態が長く続くことによって目の奥の血管が障害を起こす病気のことをいいます。
糖尿病にかかると、患者さんの血液は糖が多く固まりやすい状態になっているため、網膜の毛細血管を詰まらせたり、血管の壁に負担をかけて、眼底出血をしたりします。そのため、血液の流れが悪くなり、網膜に酸素や栄養素が不足し、これが糖尿病網膜症の原因となります
進行すると硝子体で大出血が起こり、失明に至る場合もあります。

糖尿病になったからといってすぐ網膜症になるというわけではありません。だいたい糖尿病発症から5年ぐらいで増加し始め、10年で50%の人が網膜症を合併しているという統計があります。最初は自覚症状がないままに進んでいくため、見えないなどの自覚症状があった時にはすでに取り返しがつかなくなった段階にいっていることもあります。
また、高血圧も網膜血管の動脈硬化を起こし、出血などのリスクをさらに高めることになります。

糖尿病を指摘された方、治療中の方は必ず定期的な眼底検査を受けるようにしましょう。眼底写真をファイリングし、モニターで見ながらわかりやすく状態をご説明します。
何か月に一度の検診が必要かは、目の状態と血糖値の推移を見ながらこちらでご案内いたします。

ACCESS

■住所
〒213-0001
神奈川県川崎市高津区
溝口3丁目7-1
フロントビル5階

■診療時間
9:30~12:30
15:00~19:00

第1,3,5木・日・祝/休診
土曜日午後は14:00~16:00となります。
ご予約なしでご来院頂けます。

tel 044-850-3580
詳しいアクセスはこちら