診療案内

一般眼科

診療について

診察では、患部の状態が一目でわかるように、映像モニターを使用しながらご説明させていただいております。診察の際に使用したすべての写真、検査データは電子カルテ内に保存されるため、来院時からの変化の様子が経時的に把握することができ、ご家族の方にも治療過程をご確認していただけます。

診療内容
眼科一般検査(視力 眼圧 視野 眼底)
眼鏡 コンタクトレンズ処方
小児眼科(こどもの視力など、学校健診後の視力、ワックによる治療)
老人の健診(白内障 緑内障 加齢黄斑変性症 など)
人間ドックの再検査(視神経乳頭陥凹 高眼圧などのOCTによる緑内障精査)
結膜炎(アレルギー検査 アデノウイルスチェック)
ドライアイ(涙点プラグ)
動脈硬化性網膜症の診断
網膜レーザー光凝固治療(網膜裂孔 糖尿病網膜症)
霰粒腫、さかさまつ毛、まぶたの皮膚手術

なお、当院で行える治療は早急に対応しますが、場合によっては専門の眼科施設を紹介し、当院で引き継ぎ診療を行う場合もございます。いずれも迅速な対応を心がけますので、どんな小さなことでも遠慮せず、お気軽にご来院ください。

※眼科診療は現金のみでクレジットカードはご利用になれません。

提携先病院
帝京大学医学部附属溝口病院
医療法人社団 亮正会 総合高津中央病院
昭和大学藤が丘病院
昭和大学横浜市北部病院
昭和大学病院

よくある眼の病気

緑内障

視神経が障害され、視野が狭くなる病気が「緑内障」です。目の中には房水と呼ばれる液体が流れており、この房水の圧力を眼圧といいます。通常、眼圧は一定の値を維持していますが、何らかの原因で房水の分泌と排出のバランスが崩れることにより眼圧が高くなり、視神経が圧迫され、緑内障が引き起こされるのです。
緑内障は自覚症状がほとんどなく、知らないうちに病気が進行しているケースが多くあります。視神経の障害はゆっくりと起こり、視野も少しずつ狭くなっていくため、初期に目の異常を感じることはありません。ただし、急性の緑内障では、目の痛みや激しい頭痛、吐き気など激しい症状が出ます。このような場合は早急に眼科を受診しましょう。
当院では、眼圧検査、視野検査、眼底検査を行います。治療は基本的には点眼薬です。要手術の患者さんでも、複数の点眼薬を併用して眼圧をコントロールできる場合もあります。目薬で眼圧を下げることが難しい場合は、レーザー治療や手術を行います。
いったん視神経が障害されると、それを元に戻す方法はなく、欠けた視野も元には戻せません。50歳を過ぎたら、症状がなくても眼底検査、視野検査を受けることがおすすめです。
できるだけ早期に発見し、治療をスタートすることが大切です。

白内障

歳を重ねるにつれ、物がぼやけて見えにくい、目が疲れやすくショボショボするなど、目の不調を感じることが多くなります。それを「歳のせいだから仕方がない」と、老眼鏡や市販の目薬でやり過ごす方はたくさんいます。しかし、加齢とともに進む目の不調にはさまざまな病気が隠れていることがあり、そのなかで最も多いのが「白内障」です。
白内障は老化現象のひとつであり、誰もがかかる目の病気です。目のレンズの役割を果たしている水晶体が濁ることで、対象物が見えづらくなるなどの症状が出始め、進行すると視力が徐々に失われ、生活の質が著しく低下します。
危険なのは、治療せず放置することです。放っておくと、眼圧が高まり視野が狭くなる「緑内障」を引き起こす可能性があります。緑内障は失明につながる可能性もある、恐ろしい疾患です。緑内障のリスクを抑えるためにも、白内障を疑うような兆候がありましたら、すぐに受診しましょう。
白内障は、点眼薬で進行を遅らせることはできますが、目薬のみで完治することはできません。日常生活に支障をきたすようであれば、手術を検討しましょう。
当院では、患者さんのご希望に合わせて点眼薬の処方、定期検査を実施いたします。手術のタイミングは相談しながら決めますが、ご相談のうえ適切な施設にご紹介させていただきます。もちろん、術後の経過観察についてもお気軽にご相談ください。

ドライアイ(涙点プラグ)

涙液の減少により、目の表面に傷などの障害を生じる病気が「ドライアイ」です。目が乾くこと以外にも、目が疲れやすい、何となく目に違和感があるといった症状もあります。普段からテレビやパソコン、スマートフォンなどで目を酷使している方で、このような症状がある方はドライアイの可能性が考えられます。
当院では、問診をしたうえで、必要に応じて涙液量を測定する検査「シルマーテスト」を行います。それから、目の傷の具合や目の表面の乾き方の状態を確認してから治療についてご説明します。治療薬は乾き具合に応じて処方し、日常生活で気を付けることなども一緒に指導いたします。
治療薬を使用しても症状が改善されない場合は、「涙点プラグ」という治療方法がおすすめです。この「涙点プラグ」は、涙の流出口にプラグ(栓)を差し込むことで、自分の涙を目の表面にためておくという仕組みです。およそ10分程度で簡単に装着できます。
保険の適応による治療ですと、ひとつのプラグにつき3割負担の方は3,180円、1割負担の方は1,060円で受けていただくことができます。(診察料や検査料は別途かかりますのでご注意ください。)ご希望の方は当院スタッフまでお尋ねください。
ドライアイ用の目薬は市販のものもありますが、眼科で処方する目薬の方が市販のものと比べて防腐剤が少なく、ヒアルロン酸などの潤い成分がしっかり配合されているためおすすめです。

アレルギー性結膜炎

花粉やホコリが原因で起こる眼のアレルギーが「アレルギー性結膜炎」です。目の充血やかゆみ、目がゴロゴロする、白目にゼリー状の目やにが出る、まぶたがはれるなどの症状があります。
治療には抗アレルギー点眼薬を使用します。効果が現れるまで約2週間かかるため、症状が出る季節があらかじめ分かっている場合は、前もって準備しておくのがおすすめです。かゆみや炎症がひどい場合には、ステロイド点眼薬も同時に使用できます。かゆみには効き目がありますが、副作用もあるため医師の指示に従ってください。
また、花粉症対策などで目を洗うキットが市販されていますが、あまりおすすめできません。目の表面には免疫機能がある涙液層があり、この層には雑菌の侵入を防ぐ働きがあります。目を洗うと、涙液層の大切な成分が洗い流されてしまうため、花粉やほこりが付きやすい状態になってしまい、余計にアレルギー反応を起こしてしまうこともあります。
どうしても目を洗いたいときは、人工涙液を多めに点眼する方法をおすすめします。
アレルギーの疑いがある場合は、20分で結果がわかる「イムノキャップ」というアレルギー検査がおすすめです。保険がきくため、3割負担の方は3,090円、1割負担の方は1,030円で受けていただくことができます。(診察料や検査料は別途かかりますのでご注意ください。)ご希望の方は当院スタッフまでお尋ねください。

加齢黄斑変性症

私たちはものを見るときに、目の中に入ってきた光を網膜で受け取り、その信号を脳に送るために視神経に伝達します。網膜の中で最も重要な部分が黄斑で、この黄斑に異常が発生し、視力の低下が引き起こされるのが「加齢黄斑変性」です。
ものがゆがんで見える、見ているものの中心が欠けて見えない、見たいものがはっきり見えないといった症状があります。もともと欧米人に多い病気で、日本での認知度は高くありませんでしたが、最近は日本でも発症例が増えており、緑内障とともに失明を引き起こす病気として注意が必要です。症状がある方は早めに眼科を受診しましょう。
治療法には、光線力学的療法やレーザー光凝固治療、ステロイドの局所注射療法などがあります。病態によって適切な治療法は異なりますので、まずはご相談ください。

糖尿病網膜症

糖尿病網膜症は、糖尿病の慢性的な合併症と言われ、血糖の高い状態が長く続くことによって目の奥の血管が障害を起こす病気のことをいいます。
糖尿病にかかると、患者さんの血液は糖が多く固まりやすい状態になっているため、網膜の毛細血管を詰まらせたり、血管の壁に負担をかけて、眼底出血をしたりします。そのため、血液の流れが悪くなり、網膜に酸素や栄養素が不足し、これが糖尿病網膜症の原因となります。
進行すると硝子体で大出血が起こり、失明に至る場合もあります。
糖尿病になったからといってすぐ網膜症になるというわけではありません。だいたい糖尿病発症から5年ぐらいで増加し始め、10年で50%の人が網膜症を合併しているという統計があります。最初は自覚症状がないままに進んでいくため、見えないなどの自覚症状があった時にはすでに取り返しがつかなくなった段階にいっていることもあります。
また、高血圧も網膜血管の動脈硬化を起こし、出血などのリスクをさらに高めることになります。
糖尿病を指摘された方、治療中の方は必ず定期的な眼底検査を受けるようにしましょう。眼底写真をファイリングし、モニターで見ながらわかりやすく状態をご説明します。
何か月に一度の検診が必要かは、目の状態と血糖値の推移を見ながらこちらでご案内いたします。

眼精疲労

眼精疲労の原因はさまざまです。長時間のパソコン、スマートフォンの使用によるものから、老眼の初期症状、また眼鏡やコンタクトが合っていないために起こる場合もあります。最近はドライアイからくる眼精疲労も増えています。
ものを見るとき、目の中では筋肉が伸縮することでピントを調整しています。近くをずっと見ている状態とは、例えると目の筋肉がずっと腕立て伏せをしているような状態なのです。つまり、眼精疲労は目の筋肉が疲労している状態なので、そのままの状態が続くと肩こりや頭痛を引き起こす場合もあります。眼精疲労を防ぐには、適度な休憩が必要不可欠です。
また、ドライアイが眼精疲労を起こすケースも増えています。物事に集中するとき、まばたきが減り、目が乾きます。ほかにも体質的に涙の量が少ない方、涙の量が少なくなる夜に作業をする方は、特に目が乾きやすいかもしれません。
眼精疲労には、視力検査や涙の量を測定するシルマーテストという検査を行ったり、生活スタイルをお聞きしたり、眼鏡の度数は合っているかどうか、老眼がないかどうかなど、さまざまな検査や問診をし、原因を突き詰めていきます。
自宅でできる眼精疲労のケアには、電子レンジで温めたおしぼりを使うなど、目元を温めるのがおすすめです。温めると血流が良くなり、筋肉をほぐすことができます。もちろん、ドライアイの予防にもおすすめです。
目元を温めるより、冷やす方が気持ちいいという方もいるかもしれません。一時的に冷やすのは問題ありませんが、目のためには、冷やすより温めるほうが良いといわれています。冷やしすぎには気を付けましょう。

人間ドックや学校健診で再検査を言われた方へ

人間ドックで緑内障を疑われた方へ

人間ドックの再検査で来院される方の多くは、視神経乳頭陥凹という、初期の緑内障患者さんによく見られる症状をお持ちです。
当院では、OCTという、視神経乳頭陥凹の方の精密検査ができる機械を使って、より詳しく症状を確認していきます。高度な精密検査を行うことにより、迅速で的確な治療に繋げることが可能になります。

学校健診で視力低下を指摘された方へ

学校健診で視力低下を指摘された場合は、必ず眼科で検査・診察を受けるようにしましょう。
眼科ではお子様の視力を確認したうえで、眼に病気がないかどうか医師の診察をします。また、近視や遠視、乱視がどの程度あるのか、眼鏡が必要なのかどうか、現在使用中の眼鏡はあっているのかなどを詳しく検査します。
また、当院にはワックという目の緊張をほぐして調節緊張をリラックスさせる器械があります。
小学校低学年のお子様で、調節緊張による軽度の近視傾向の場合はワックに通院していただくこともあります。詳しくは当院スタッフまでお尋ねください。

眼鏡の処方について

当院では、レンズの処方だけでなく、併設ショップにて眼鏡販売もしております。性別や年代に合わせて常時300本以上を取り揃えており、手頃な価格でお作りいただけます。

詳細は、「眼鏡の処方」ページをご覧ください。

コンタクトの処方について

コンタクトレンズは医療機器です。購入される際は、きちんと眼科で診察を受け、医師の処方に基いたレンズを使用するようにしましょう。
当院では、手軽にご購入いただけるシステムを導入しております。

詳細は、「コンタクトの処方」ページをご覧ください。

  • お気軽にご相談ください 東急田園都市線「高津駅」駅から徒歩1分 眼鏡・コンタクトもその場ですぐに作れますお気軽にご相談ください 東急田園都市線「高津駅」駅から徒歩1分 眼鏡・コンタクトもその場ですぐに作れます
  • 044-850-3580 診療時間  9:30~12:30/15:00~19:00 休診日 第1・3・5木曜/日曜/祝日
  • contact_tel_sp.png